岩合光昭さんの写真展「ふるさとのねこ」を見てきた!

スポンサーリンク
レクタングル大

渋谷ヒカリエに「ふるさとのねこ」を見に行く。

ちょうど仕事で渋谷に行くことがあったので、渋谷ヒカリエでやってる岩合光昭さんの写真展「ふるさとのねこ」を見てきました。

IMAG1189

この写真展は、ネコを通じて日本人の心の中の「ふるさと」である日本の原風景を表現することがテーマだそうで、岩合さんはそのために青森県の津軽地方を選ばれたとありました。

IMAG1188

なぜ津軽かといえば、春は花が咲き、夏は祭りがあり、秋はりんごなどが実り、冬は雪が降る地だから。

そこでネコと出会い、ネコと人との暮らしを撮影しながら、日本ならではの懐かしくもいとおしい光景をかわいらしいネコたちとともに表現されています。

IMAG1202

写真展自体は、室内で撮影することができなかったので、画像はありませんが、四季ごとに区分けされた展示になっていて、会場は広く、写真の大きさ、写真の数ともに、見ごたえのあるものでした。入場料はかかりますが、お金を払ってもこれは充分満足がいくと思います。ネコ好きの人も、写真好きの人も、いろいろ発見があったり、心動かされることがあるのではないでしょうか。

IMAG1206

IMAG1204

岩合さんのグッズがずらり。ポストカードを購入しました。

展示エリアの出口を出ると、すぐに物販コーナーがあり、岩合さんの本や撮ったネコのグッズがたくさん売っていて、猫好きの方たちがあれこれと楽しそうに選んでいました。

私もお土産にポストカードを何枚か購入。

IMAG1208

家に帰ってくると、さっそくペーパーフレームに入れて飾ることにしました。

このペーパーフレームは数百円なのに、作品のような見栄えになるのでおすすめです。

IMAG1210

<岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」>
■開催期間:2015年7月25日(土)~8月31日(月) 会期中無休

■開催時間:10:00~20:00
※最終入場は閉場30分前まで
■開催会場:渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールB
(盲導犬、聴導犬、介助犬を除く、ペットのご同伴はご遠慮ください。)
■入 場 料:当日 一般800円 中・高生600円 小学生以下無料

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加