東京で買える日本のスイーツ Japanese-sweets<ようかん編>

ようかん(羊羹)といえば、日本の伝統的な和菓子のひとつ。英語ではsweet jellied adzuki‐bean pasteと表記されるようですが、たぶん日本でそう言ってもまったく伝わらないでしょう(笑)。全国各地においしいようかんがありますが、東京で買うとなれば外せないのが、やはり虎屋と舟和。

スポンサーリンク
レクタングル大

虎屋

虎屋(とらや)は、全国各地に支店がありますが、本店は赤坂本店にあります。

虎屋 赤坂本店

107-8401
東京都港区赤坂4-9-22
電話:03-3408-4121(代)

8:3019:00 [平日]
8:30
18:00 [土曜・日曜・祝日]

東京ミッドタウンにある虎屋は外観もおしゃれで、さすがという感じです。夜9時までやってるのもうれしいです。

虎屋 ミッドタウン店

107-0052
東京都港区赤坂9丁目7番4号
東京ミッドタウン ガレリア地下1
電話:03-5413-3541

11:0021:00

とらやようかん1

おもかげ 2808

虎屋の羊羹といえば有名ですから、おみやげには最適。しかも虎屋のようかんの賞味期限は1年!常温で長期保存が効くのは、おみやげとしてもらったほうも助かります。

虎屋ホームページ(ようかん)

舟和

もうひとつ、ようかんで有名な店といえば舟和(ふなわ)。そして舟和といえば「芋ようかん」ですね。

舟和の歴史は、明治35年に浅草に店を出したのがはじまり。そのときから芋ようかんがありました。

舟和芋ようかん

芋ようかんは5本詰めで648円。

3日間しか日持ちしませんが、それも本物の証。芋のやわらかい味は、甘さが抑えられた、素材が持つ素朴で自然な味わいです。

舟和は浅草がう発祥の地なので、仲見世通りや雷門にいくつも店があります。浅草観光や東京スカイツリーなどに行った際のおみやげとしてきっとよろこばれますよ。

舟和 雷門店

111-0032

東京都台東区浅草1丁目3−5

9:3020:00

舟和ホームページ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加