『スターウォーズ フォースの覚醒の4DX/MX4D』を観てきましたよ!

いよいよ『スターウォーズ フォースの覚醒の4DX/MX4D』へ!

劇場は「ららぽーと富士見」の「TOHOシネマズららぽーと富士見」。以前、ジュラシックパークを観たところです。

20160109_143309_225_R

スターウォーズは初見!休日の朝、スターウォーズを観ようと思い立ち、4DX(MX4D)ならここのTOHOシネマズなら今からでも席を取れるだろうとネットにアクセス!

すでに数席しか残っていませんでしたが、無事にゲットできました。

IMAG2419_R

実際に観た感想はというと…

IMAG2418_R

まず4DX(MX4D)の視点からいうと

実は相当期待していたんですが、そんなに驚くような体験はありませんでした。

なにしろ舞台が宇宙なんで「戦闘機とかこれはもう重力を無視した動きになって、相当急激にイスが揺れるんだろうな!」と思っていたんですが、そうでもなかった。残念…。

マッドマックス以上を期待していたのですが、やっぱりそんなことはないですね。

これはこの映画館の設定かもしれません。ファミリーのお客さんが多いのでゆるやかにしているのかもしれません。平和島のように「リミッター解除!」みたいなことはしないんでしょうね。

でもゆるやかな分、映画のストーリーに集中できました。マッドマックスの4DXはもう始まって数分はわけわかんない感じだったのですが、内容が分かる程度に見られます。ある意味正しいです。

ちょっと演出面の各部に絞って言うと、まず足元!足元をなんだか生物に触られているような演出があって、これは驚きました。まじびっくりした。ホラーとかで、この演出されたらヤバいと思います。

あと風。アームレストからの風が強い!風に関しては、ほかの劇場と比べても最強かも…。

隣の人がアームレストにポップコーンを置いていたのですが、1発目の風でポップコーンがドバッと吹っ飛んでて笑いましたwww

あと、MX4Dは背中、しかも割と下のほう、肝臓当たりを押してくるんですが、これが痛い!驚きというより、痛い!脂肪肝の私としては、つらい演出です。

20160109_143336_186_R

映画そのものについてですが…

ストーリー的には、まあスターウォーズ的というか、普通というか…、面白いことは面白いですが、別に予想の範囲内で特に驚くようなことはありませんでした。Xウイングが、ダブルXウイングになってるとか…、なんか斬新なことがあれば驚くんですが、ま、エピソードの続きですからね。

ただヒロインの「デイジー・リドリー」は魅力的だった!

suta-2

彼女が出てくると目が離せなくなります。まさに、すごいフォースです。

suta1

ハリソンフォードが再出演するなど、往年のファンにはたまらないシーンがあって、それも目を離せなくなる部分でしたね。

そして最後には…。

おっと、これ以上はネタバレになりますんで、やめておきますが、次回作に続くようなのでぜひ期待したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大