製氷機の氷はミネラルウォーターでつくっちゃダメ!

テレビでやってたので、ちょっと冷蔵庫の製氷機の使い方を紹介しようと思いました。

いまや自宅で氷を作るときには、冷蔵庫の自動製氷機を使うのが普通だと思います。で、せっかく氷をつくるのだから、美味しいミネラルウォーターや、浄水器を通した水を使いたいと思いますよね。でもこれ、実は間違った使い方なんです。

IMAG15731_R

私も実はずっと浄水器を通した水で氷をつくっていました。でも、去年ネットでそれは間違っていると知り、それからは原水(つまり水道水のまま)にしています。

IMAG15791_R

なぜか。冷蔵庫の製氷機って、まずタンクに水を入れますよね。それが吸い上げられて冷蔵庫内のパイプを通って、冷やされて氷となるわけです。

このパイプの中だったり、あるいはタンクの中だったりに水が通るわけになるのですが、それが水道水ならば塩素で消毒されるのですが、ミネラルウォーターやろ過された浄水だと、雑菌やカビが繁殖しやすいんですね。

seihyouki

ウチの場合、思い当たったのが、タンクのぬめり。水を入れるたびにちょっと内側にぬめりがあるような感じがしていたんです。

ところが去年から原水を使うようにして、ぬめりはまったく感じなくなりました。プラスチックのタンクの内側を指でこすると、いつもキュキュッとしてます。前はヌルッとなんとも言えない感じだったんで、いつも内側をスポンジで洗っていました。すげえ面倒でした。

IMAG15811_R

もちろんトレーなどで氷をつくる場合は別です。それならミネラルウォーターで美味しくつくるのもありです。

あと最近はミネラルウォーター可の自動製氷機がついている冷蔵庫もあるそうなので、それなら安心して使えますね。

IMAG15861_R

夏が終わると、とたんに氷をつくる回数が減って、タンクに水を入れっぱなしということが多くなるので、気を付けてやってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大